調査項目

 

引越先の住環境調査

引越先の住環境調査  住宅購入時や賃貸物件への引っ越しに際しては、不動産取引
業者からのみの情報ではなく、広範囲に近辺の環境や人間関係
について把握しておく事は大変重要な事です。
引っ越した後になって問題が生じてもまたすぐに別の場所へ引っ越す訳にもいきません。
昼夜の騒音・危険場所の有無・公共施設(学校関連病院等)へのアクセスなどを詳しく調べておくべきです。

 そして、何よりも「向こう三軒両隣」とは、これからずっと顔を合わせる事になるのですからそれなりの人間関係が必要になります。
また、最近「会や習慣」を煩わしく思う方が多いようですが、きれいな魅力的な地域こそ、地域ならではの習慣や当番などの役回りによって住民同士が自ら地域の安全確保や美化活動を推進しているのです。
 転居予定地が、ご自分のライフスタイルに合った地域かどうか
事前に充分調査する事をお勧め致します。

 


■ 調査の用途
  購入する住宅を探す時、転勤等で賃貸物件を探す時などに引越費用の一部としてお加え下さい。
 居住地域の治安や風紀は生活の根幹です。事前調査によりさまざまな対策をとる事が出来ます。
 また、周辺での近所付き合いや人間関係を事前に知る事で引越先でのトラブルを未然に防ぐことが
 出来るのです。

 

■ 調査の内容
  治安・騒音・医療・教育・福祉関連に分類して調査致します。

 ①治安・安全関連調査
  指定暴力団事務所の有無、変質者の有無、事件事故の発生状況、霊現象や噂話などを調べます。

 ②騒音・悪臭・日照調査
  昼夜の騒音を測定します。(環境基本法では昼間55dB以下、夜間45dB以下が住宅地の基準です。)
  近辺での家畜や工場等からの異臭や悪臭の有無を調べます。
  時間帯による各部屋の日当たり状態を調べます。

 ③医療・教育・福祉関連の調査
  近辺での医療機関をリストアップし、休日夜間診療が可能な病院や専門医を調べます。
  公立、私立の学校関連をリストアップし、通学可能な幼稚園から小中高の所在地を調べます。
  (各施設へ出向き、利用交通機関別の所要時間を計測します。また、各施設外観写真を添付します。)
 ※学校関連での各校別「いじめ・非行・進学状況」等については、別途ご依頼に応じて調査致します。

 ④隣人・近所付き合い関連調査
  両隣の家族構成や職業、人間関係の問題の有無を調べます。
  自治会や組合等の決まり事、役回り、習慣などを調べます。

 

■ 調査の費用

  上記①~③は、各50,000円(税別) ④は、80,000円(税別)

  ※①~④の全てを調査する場合は、200,000円(税別)になります。
    
  組み合わせや項目の増減等、お気軽にお問い合わせ下さい。

初めてご利用の方へ

ご相談の流れ

ご相談は日本調査業協会加盟店へ

広告掲載履歴のご紹介

事例紹介

コラム

用語集


このページの先頭へ