初めてご利用の方へ

初めてご利用の方へ

トラブルの防止と解決に!調査を有効に活用ください。

調査は、情報を正しく裏付ける為だけでなく誤った情報を正しく修正する為のものでもあります。つまり、疑いや憶測からの偏見を無くし、人間関係を円滑にする為の手段でもあるのです。疑心暗鬼になり余計な対立を招き、不愉快な時を過ごすより、当社の探偵調査を有効に活用して下さい。

安かろう悪かろうでは全てが台無しです

格安の料金に惑わされ、被害にあったとの苦情をよく聞きます。生涯で何度も無い、今後の人生を左右する大きな岐路になる問題。そして何より内密で大事な問題です。信頼できる探偵調査業者に高質な調査を適正な料金で依頼しましょう。料金を明確にせず、お客様の反応を見ながら、後で高額な料金を取ろうとする探偵業者もいる様です。

調査を依頼する事は正当な行為です

人は誰でも「自分の権利と尊厳」を自分で守る権利があります。人格をも傷つけられ人から軽く思われては、人生がおもしろくありません。そんな時、ご自身の尊厳を守る為にも確かな証拠に基づき、真実と向き合わなければならないのです。よって、調査を依頼する事に罪悪感を抱くのは間違いです。調査を身近にそしてもっと有効に活用して下さい。

素人のにわか調査は逆効果です

相手に気付かれない様に調査する事は、簡単な事ではありません。また、対象者の心理として、調査を依頼した人よりも直接調査した人間に対して嫌悪を強めてしまいます。よって、警戒心を強めさせ、後日の調査に支障をきたすばかりか逆恨みを受ける事にもなりかねません。また、衝撃的な現場に直面し、感情的になり刑事事件に発展した悲惨なケースも多くあります。この様な余計なトラブルを招かない為にも最初からプロに任せましょう。

秘密厳守です

お客様からの依頼事実(相談内容)が外部に漏れる事は、絶対にありません。当然、業者には守秘義務があります。平成19年6月より「探偵業の業務の適正化に関する法律」が施行され、より厳格に義務化されました。(一社)日本調査業協会の正会員であれば、より完璧に保護されますのでご安心下さい。


調査会社と探偵社、興信所はどう違うの?

調査会社と探偵社、興信所とはどう違うのですか?とよく聞かれます。

  • 調査とは、与えられた事項を明確に調べる事。
  • 興信とは、与えられた情報の事実確認をする事。
  • 探偵とは、与えられた情報を基に必要な情報と証拠を提供する事。

これがそれぞれの言語の意味になる様ですが、呼称は違っても各社の業務内容はみな同じです。お客様から依頼を受け、料金を頂戴する調査会社、探偵社、興信所の様な生業は、法的には類似請負行為になります。もちろん正当な業務ですのでご安心下さい。


例えば、こんな事でお悩みではありませんか?

個人のお客さま

  • パートナーが浮気をしていないか不安。旅行に同伴者がいないか?単身赴任先で浮気をしていないか?
  • 結婚前にパートナーの素行を知りたい。両親や兄弟の人間性に問題がないか不安。
  • 部屋に盗聴器や盗撮器がないか不安
  • 行方不明になった家族、昔お世話になったあの人に会いたい。相続問題で行方不明の親族を探したい。

法人のお客さま

  • 取引先の企業に悪い噂がある。今後の取引が不安だ。
  • 採否を決定する前に履歴書に虚偽がないか確認したい。
  • 外回りの従業員の行動が怪しい。
  • 従業員が、社内情報を悪用し、同業種の起業を企んでいる様だ。
  • 大事な会議をする前に盗聴器がないか確認したい。
  • 債権の回収が出来ずに困っている。