浮気調査・行動調査

浮気調査・行動調査

単調に思える平凡な日々。この一番幸せな時を多くの人は勘違いしてしまいます。あの時は、刺激が欲しくて不倫相手に夢中になってしまった。早めに気付き引き戻されていたら・・など多くの人達は、当時の平穏な日々を振り返り後悔します。

信頼していた相手の行動に疑いを抱くと誰でも疑心暗鬼になります。特に夫婦間のことなら家族や友人にもなかなか相談できず一人で悩んでしまいます。笑顔も少なくなり、家庭や職場でも自然と暗くなってしまうものです。そして、長期間そんな状態が続くと精神的に疲れ果て心療内科に通うようになってしまいます。子供さんがいる家庭のお母さんであれば、暗い表情で苦しそうな母親を毎日見るのは子供心にもとても苦しいことです。このままでは、やがて家庭不和を招き大切な家族が徐々に崩壊していきます。しかし、その原因が相手の裏切り行為によるものだったら?こんな理不尽なことはありません。

夫婦、恋人間で「おかしい。もしかしたら」と感じる事はありませんか? 不安で眠れない憂鬱な日々を過ごすより勇気を持って真実を確認して前向きに対処すべきです。相手の言い訳に振り回され、後々苦しまない為にも客観的な証拠が必要です。「あの時、口頭で浮気を認めた。相手も認めて謝っていたから」では、いざ敵対した時には、「言った。言わない」の水掛け論にしかなりません。

この状態で裁判にでもなれば必ず負けてしまいます。 相手に裏切られそして長期間、我慢して苦しみ続けてきた自分の主張が認められない結果になるのです。

当社の浮気調査は、密会現場に遭遇できれば法的に充分立証力のある動かぬ証拠を入手します。

また、調査の結果、相手の行動に不審点が無い事が判明した場合は、これまでの疑いや憶測を払拭して円滑な信頼関係が再構築されるはずです。万一の疑いを残したまま許す事より真実を知った上で許す事の方が健全です。勇気を持って、”疑念を解く事” が何より先決なのです。

調査の用途

浮気調査、不倫の実態調査

※熟年離婚の防止にお役立てください。

長年連れ添った夫婦間でも、ちょっとした行き違いからこれまで深く考えなかった過去のいろいろな出来事が、一気に磁石に吸い付けられたように不審の塊になってしまうことがあります。
新婚当時は、夫婦の間には空気しかなくお互いの息遣いまで聞こえたはずが、夫婦生活が長くなると二人の間にいつの間にかガラスの仕切りができるものです。
最初の頃は相手への思いやりだと錯覚し見えない振りを続けているとガラスが次第に厚くなり、曇ってしまいます。このガラスを割るお手伝いをさせてください。割れたガラスを片付ける時に怪我をしたとしても相手の実像が見え息遣いが聞こえれば、またやり直すことが絶対できると信じています。

調査の内容

浮気をする人達は、とても敏感に気配を読み取ります。そして隙を見つけて浮気行為を実行します。浮気相手も発覚した時の事を十二分に考え、密会には細心の注意を払い行動します。二人の悪知恵が結集するのです。大型ショッピングモールの立体駐車場で車両を乗り換えたり、途中でモノレールやタクシーに乗り換えたり、それは巧妙に悪知恵を発揮します。昨今、これだけGPSの存在が知られるようになったら簡単にそんな罠には掛かりません。ここが、本物の探偵の腕の見せ所です。「気付かれず。見逃さず。」尾行術を発揮して点から線へと着実に調査を進めます。

格安料金の素人探偵には、要注意です!!

素人探偵による浮気調査の勇み足

技術が伴わない真面目な探偵は、依頼人様の為にと力が入りすぎて尾行や撮影に無理をしてしまい調査対象者に気付かれたりします。そして、尾行に自信が無く調査対象者の車両にGPSを取り付けに敷地内に無断で侵入したり、現場撮影の機材に乏しく、ただ近づくために無断で人の敷地内に入ったり、そんな違法行為をすることがあるようです。このような探偵は、まだプロとは言えないでしょう。一生懸命に取り組むことは当然ですし、プロなら違法行為をしなくてもすむ技術の習得とどんな現場でも対処できる機材は準備するべきです。そして、万が一、対象者に気付かれ調査を中断する場合は、依頼人様に正直に説明し、その分の料金はお返しするべきだと思います。

当社では、調査委任契約書の第3条1項と2項に明記しており、そんな時は正直に返金させていただきます。調査料金は着手金として、前払いしていただきますが、その分プロの調査会社として、自信と責任を持って対応しています。ご安心ください。

当社の浮気調査は、調査員2名が二台の車両でそれぞれが暗視カメラなどの撮影機材を装備して行動を確認します。対象者の行動を尾行・張り込み等で確認し、状況に応じて写真や動画で決定的な証拠を撮影します。

調査の費用

1日の調査の場合

基本料金63,000円(税別 調査員二名6時間)

  • 事前の基礎調査(下見調査)の費用も上記に含まれます。
  • 調査地が遠方の場合には、別途、交通費(当社から現地までの往復交通費の実費)を要します。また、宿泊をともなう出張については、調査員の現地拘束料が別途必要になります。
  • ご希望に応じて、上記時間超過後の延長調査も可能です。その場合の追加費用は、1時間毎に8,000円(税別)が別途必要になります。
  • 基礎調査において難易度が高いと判断される場合には、成果を得る為に調査員の増員や調査プランの変更をご提案させて頂く場合もございます。また、浮気調査と平行して他の調査業務を実施する事も可能です。

複数日の調査の場合

ご相談時に調査を実施する期間、一日あたりの時間などのご希望をお聞きした上で調査プラン及びお見積もり金額を提示致します。5日間以上の浮気調査をご希望される場合は、1日あたりの単価を割引したプランを適用する事が可能です。また、対象者の移動手段や普段の行動パターンによっては、長期間でも、さらに割安な特別な調査プランを御利用頂く事も可能です。詳細は、お問い合わせの上、ご確認下さい。

調査に含まれる費用について

調査員2名の人件費、車両使用料、撮影機材使用料(DVDディスク代金等含む)調査報告書作成費等、全ての費用が上記の調査費用に含まれております。

当社の料金形態は、大変分かり易く安心です!

車両使用料やガソリン代等の経費は全て上記料金に含まれていますので、他にかかる費用は、対象者が、有料の道路や施設などを利用した際、当社調査員が業務遂行上、必要と判断し調査員が利用した有料道路通行料や施設入場料等だけです。この分は調査完了後、実費分を請求させて頂きます。

浮気チェックシート

  • 携帯電話に出ない事が増えた。電源を切っている時もある。
  • かかってきた携帯電話に出ない。出た後、すぐに場所を変えようとする。
  • 携帯電話の受け答えがよそよそしい、もしくは、スグに切りたがる。
  • 携帯電話に不審な着信履歴やメールが残っている。(もしくは、全く履歴が無い。)
  • 携帯電話を見られないようにロックするようになった。
  • 携帯電話をどこに行くにも手元から離さない。(トイレにも、お風呂にも)
  • 急に「残業」、「付き合い」などの理由で帰宅が遅くなった。
  • 休日や休暇の予定を教えなくなった。
  • 出張が増えた。また、直前になって言う様になった。
  • 色んな用事を作ってよく外出するようになった。
  • おしゃれになった。
  • 服装や化粧が派手になった。
  • 香水やコロンをつけるようになった。もしくは、香りが変わった。
  • 見慣れないネクタイやアクセサリーを持っている。
  • 帰宅後スグに風呂に入るようになった。
  • 金遣いが荒くなった。
  • 給料明細を見せなくなった。
  • 性的関係を拒むようになった。
  • 食事の好みが変わった。食事に手を抜くようになった。
  • 生活のリズムが急に変わった。
  • 車の助手席のシート位置がいつもと違う。
  • 車の灰皿に口紅の付いた吸殻が残っている。
  • 家族との会話が少なくなった。
  • こちらの質問等に逆切れする事が多くなった。
  • 家に帰らなくなった。外泊が増えた。
  • 離婚をほのめかすようになった。

上記にあてはまる事が多ければ多いほど浮気をしている可能性は大です。さらに確信したいのなら、調査会社に依頼するか、ご自分で以下のような項目を調べてみて下さい。

自分で出来る浮気調査??

  • 携帯電話のアドレス登録内容や発着信のチェック。メールの送受信内容のチェック。(メールの内容が消されていてもメール送受信履歴が残っている可能性もあります。)
  • ハンドバックやビジネスバッグの中身にも注目。手帳の住所録やメモに知らない名前や電話番号、不審な予定などが書かれていないか、名刺や紙片に走り書きが見つかる事もあります。
  • 財布の中は、不審なメモやレシート類が無いか、また、現金の使用状況やクレジットカード等が増えていないか確認しておきましょう。(金遣いが荒くなって、新たにカードを所有している可能性もあります。)
  • 普段の生活に車両やオートバイを使用しているのであれば、日々の走行距離の確認をはじめ、車内に残されているガソリンスタンド、有料道路、駐車場、コンビニエンスストア、他の施設などの領収証やレシート類もシートの隙間まで丁寧に確認しましょう。灰皿の吸殻及び助手席周りに髪の毛等の異性の痕跡が無いか確認しましょう。
  • 領収証やレシート類は、利用した施設名・場所・日時・購入内容・利用人数などが記されている事があり、重要な情報が得られる事がありますので重要なポイントです。
  • 残業及び休日出勤などの場合は、友人や知人に会社に他人を装って電話してもらって確認するのが良いでしょう。自分ですると急用でも無いのに不自然で警戒されてしまいます。
  • これまでと見方を変え観察すると今まで見えなかった部分が見える事も良くある事です。

※本人に気付かれないよう慎重に・・・メモの内容、領収証やレシート類は内容を控えたり、コピーをして、元の位置(順番や向きに要注意です。)に戻しておく事を忘れないで下さい!