初めてご利用の方へ

心配ご不要!責任を持って承ります。安心してご相談ください。

初めてご利用の方へ

秘密厳守です!

お客様からの依頼事項(相談内容)が外部に漏れる事は、絶対にありません。探偵業者には守秘義務があります。平成19年6月より「探偵業の業務の適正化に関する法律」が施行され、同法第10条により義務化されました。当社は(一社)日本調査業協会の正会員ですので、より厳格に徹底しています。ご安心ください。

調査を依頼する事は正当な行為です

人は誰でも「自分の権利と尊厳」を自分で守る権利があります。人格をも傷つけられ人から軽く思われては、人生がおもしろくありません。そんな時、ご自身の尊厳を守る為にも確かな証拠に基づき、真実と向き合わなければならないのです。よって、調査を依頼する事に罪悪感を抱くのは間違いです。調査を身近にそしてもっと有効に活用してください。

安かろう悪かろうでは全てが台無しです

格安の料金に惑わされ、被害にあったとの苦情をよく聞きます。生涯で何度も無い、今後の人生を左右する大きな岐路になる問題。そして何より内密で大事な問題です。信頼できる探偵調査業者に高質な調査を適正な料金で依頼しましょう。料金を明確にせず、お客様の反応を見ながら、後で高額な料金を取ろうとする探偵業者もいる様です。

素人のにわか調査は逆効果です

相手に気付かれない様に調査する事は、簡単な事ではありません。また、対象者の心理として、調査を依頼した人よりも直接調査した人間に対して嫌悪を強めてしまいます。よって、警戒心を強めさせ、後日の調査に支障をきたすばかりか逆恨みを受ける事にもなりかねません。また、衝撃的な現場に直面し、感情的になり刑事事件に発展した悲惨なケースも多くあります。この様な余計なトラブルを招かない為にも最初からプロに任せましょう。

個人情報の管理も徹底しています

当社では、お客様の個人情報は厳重に管理しています。契約書類も税法上の保管期間が経過した後は、全て焼却廃棄しています。ご安心ください。


よくいただく質問?

Q:調査会社と探偵社、興信所とはどう違うのですか?
呼称は違っても業務内容はみな同じです。お客様から依頼を受け、料金を頂戴する調査会社、探偵社、興信所の様な生業は、法的には類似請負行為になります。もちろん正当な業務ですのでご安心ください。

Q:依頼して調査が終わった後、DMの発送や再調査のセールスなどはありませんか?
当社では、個人情報の管理は徹底しています。ご依頼人や調査関係者の個人情報を営業に使用する事など絶対にありません。調査が終了した後、当方からお客様に連絡する事は一切ありません。お客様からも経過をお知らせいただく必要はありませんので、ご安心ください。

Q:事例紹介とのページがありますが、私の事も記事にされるのでしょうか?
当社の事例紹介は、具体的な内容は含んでいません。中には、依頼人様から他の人がこんな被害を受けないようにと投稿を求められたものもありますが、無断で投稿する事など絶対にありません。

Q:GPSはレンタルできませんか?
ご相談の内容によっては、GPSをお貸しする事は可能ですが、位置管理は全て当方が行います。お客様が、直接現在位置を知る事は、心がいつもザワザワして余計に疑惑や想像が膨らみとても疲れてしまいます。そして、やがて中毒のように位置検索を繰り返しノイローゼに陥る方もいらっしゃるのでお勧めできません。

GPSレンタルには要注意

探偵が使うGPSは、ほとんどが「総務省から認可された通信機器販売業者から合法な機器(技適証明付)」を購入もしくはレンタルし、位置情報サービスを利用しています。

しかし、遵法意識の低い一部の探偵は、安価を第一に考えGPS機能が付いた子供用の携帯電話などを改造した物やレンタル品の転貸しを平気で行っています。いずれも電波法違反になる行為です。

改造品や転貸し品を利用したお客さん自身も電波法違反になる可能性がありますので、十分な注意が必要です。※当社のGPS注意記事を参考にしてください。

本来、常識ある探偵は、自らの尾行術を高める為に依頼人様にも内緒で調査対象者の位置情報を利用していました。もちろん、その料金も加算したりしません。取り付け取り外しも紛失も全てのリスクを探偵が負ってのことでした。

しかし、最近は「GPSを単体で商品として使い」リスクを全く負わない無責任な探偵業者が増えています。その上、依頼人様にGPSの取り付けまでさせているようです。

しかし、こんな方法は危険です。GPSが発見されたら全てが依頼人様の責任になるのです。相手の承諾の無いGPSの取り付けは違法です。

そして、調査対象者にGPSの取り付けが依頼人様の仕業だと分かったら?相手は、さらに嫌悪感を強め依頼人様との関係はもっと悪くなるでしょう!「探偵に浮気調査を依頼し、探偵が勝手にやった事」とは、調査対象者の受け止め方は大きく違ってきます。夫婦間の溝は深まり、相手の不貞が発覚したとしても逆ギレをされたり、依頼人様自身の違法行為を追求されるなどの余分な問題が残ります。

当社は、調査に関しては全てに責任を持ちます。そして、依頼人様の利益を深く考えて、浮気調査など調査全般に取り組んでいます。

嘘の口コミやレビューには要注意

インターネットで何でも検索できる時代です。多くの消費者が、より良いサービスや製品を求めて「口コミサイト」を利用して良い業者を探し出そうとします。実際に商品やサービスを利用したことがない消費者にとって「評判・口コミ」こそが、いちばんの頼りです。ところが、その「口コミ」を利用して集客しようと事業者はずるい事を考えます。事業者自身が利用者を装って、うその「口コミ」を投稿したり、専門業者に依頼して口コミを操作するなど、不当な「やらせ口コミ」が横行しているのです。しかし、こんな行為は「景表法(不当景品類及び不当表示防止法)」違反になります。

探偵のホームページでも「お客様から感謝の声」なるものをよく見かけますが、信じ難いレビューも多いようです。

そして、何よりも裏方に徹するべき探偵が、せっかくお客様からいただいた感謝の言葉を宣伝に使うのは倫理に反しないかと思います。

当社では、調査完了時、お客様には「料金を頂戴して仕事をしただけの事。一日も早く忘れてください。どこかで偶然見かけても挨拶は不要です。」とお願いしています。依頼人様にとっても不愉快な過去は早く忘れて、前を向く決意を固めているはずです。調査を依頼した探偵業者の事など真っ先に忘れるべきなのです。


例えば、こんな事でお悩みではありませんか?

個人のお客さま

  • パートナーが浮気をしていないか不安。旅行に同伴者がいないか?単身赴任先で浮気をしていないか?
  • 結婚前にパートナーの素行を知りたい。両親や兄弟の人間性に問題がないか不安。
  • 部屋に盗聴器や盗撮器がないか不安
  • 行方不明になった家族、昔お世話になったあの人に会いたい。相続問題で行方不明の親族を探したい。

法人のお客さま

  • 取引先の企業に悪い噂がある。今後の取引が不安だ。
  • 採否を決定する前に履歴書に虚偽がないか確認したい。
  • 外回りの従業員の行動が怪しい。
  • 従業員が、社内情報を悪用し、同業種の起業を企んでいる様だ。
  • 大事な会議をする前に盗聴器がないか確認したい。
  • 債権の回収が出来ずに困っている。