沖縄県公安委員会第97070001号
(一社)日本調査業協会加盟員 第1491号

海の恵みに感謝 『那覇ハーリー』

2009.03.31/

初夏の沖縄で、もっとも活気ある海のお祭『那覇ハーリー』が今年もGW 5/3~5/5の3日間、那覇新港埠頭で開催されます。
 「ハーリー」とは今から約600年前の琉球王朝時代に、中国から伝わったとされる爬竜船(はりゅうせん)競漕で、海の神様に感謝し、漁の安全と豊漁を祈願するものです。


 『那覇ハーリー』は、船体の先に竜頭、船尾に竜尾の彫り物が飾られた大型の爬竜船を使うのが特徴です。漕ぎ手32名、鐘打ち2名、旗持ち他6名と乗組員が42名という、他では見られない珍しいものです。


 メインイベントは、最終日に開催される「本バーリー」。古式ゆかしい「御願(ウガン)バーリー」の後、那覇(濃緑色)、久米(黄色)、泊(黒色)の3つの地域による本バーリーが行われ、その年の覇者が決定されます。
 ふだんは生活に追われて、海からの恩恵に、感謝の気持ちもついつい忘れがちな今日この頃。
潮まじりの海風の中に銅鑼の音が響く「ハーリー」を観戦しつつ、今年も海の恵みに感謝したいと思います。

 

         

 

関連記事

初めてご利用の方へ

ご相談の流れ

ご相談は日本調査業協会加盟店へ

広告掲載履歴のご紹介

事例紹介

コラム

用語集


このページの先頭へ