沖縄県公安委員会第97070001号
(一社)日本調査業協会加盟員 第1491号

沖縄の「ぜんざい」

2009.09.11/

 残暑厳しい中、食べたくなるものが「ぜんざい」。そう言うと本土の人は不思議に思うかもしれません。本土で「ぜんざい」といえば、主に小豆を甘く煮て、白玉などを入れた温かい食べ物。一方沖縄では金時豆(または小豆)をシロップや黒糖で煮て、その上にかき氷をたっぷり乗せた冷たい食べ物です。もともとは緑豆を甘く煮て冷やした食べ物で「あまがし」と呼ばれていました。あまがしは今でもスーパーで缶詰やレトルトパックで売られています。最近は観光土産としても人気があるようです。沖縄では有名なぜんざい屋には行列ができるほどポピュラーな食べ物です。北部から南部までぜんざいを食べ歩いて、自分好みのお店を見つけるのも楽しいかもしれません。

 

 

関連記事

初めてご利用の方へ

ご相談の流れ

ご相談は日本調査業協会加盟店へ

広告掲載履歴のご紹介

事例紹介

コラム

用語集


このページの先頭へ