沖縄県公安委員会第97070001号
(一社)日本調査業協会加盟員 第1491号

調査項目

 

盗聴器・盗撮器発見調査

盗聴器・盗撮器発見調査  近年、科学技術の発達によって盗聴機器は驚くほど小型軽量化されています。よって、電気の知識の全く無い素人でも簡単に家庭や会社などに仕掛ける事が出来るようになりました。
都市部の電気店街では、様々な種類の盗聴機器が何の制限もなく販売されています。
また、最近ではインターネットの通信販売やオークションなどでも手頃な値段で誰もが簡単に購入出来るのです。その盗聴機器の売れ行きは、最近大幅に伸びている様です。
つまり、不気味な事ですが知らない間にどこかに設置され続けている訳です。設置場所如何では、私生活への侵害はおろか、社内の機密情報が漏洩、場合によっては企業の運命を左右する程の危険性が潜んでいるのです。
顧客の個人情報漏洩事件が大きな社会問題になっている昨今、万が一の為に盗聴機器発見調査を実施する事をお勧め致します。

また、企業に限らず、個人の方におきましても、中古物件の購入時や賃貸物件への引越しの際には、盗聴機器の有無の調査を実施する事を強くお勧め致します。
 

 当社の調査は、複数の最新機材を併用して行いますので、調査時間が大幅に短縮されます。
また、使用する機材も大変小型で高性能な物ですから一般家庭、会社、店舗、自動車、船舶など様々な場所で調査する事が可能です。
 また、ご要望に応じて、調査を実施する時間帯は深夜や早朝でも対応致します。
まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。
 尚、当社へお問い合わせ頂く際は、調査を予定している場所からの電話連絡は避けて下さい。

 

当社の研究用機器

盗聴器・盗撮器発見調査
 室内盗聴器  電話用盗聴器  コンクリートマイク

 

■ 調査の用途
  社内でのトラブルがあった時、社員に不穏な動きがあった時、社外に情報が漏洩している気配があった時、交際相手とトラブルがあった時、身辺に不審者の気配があった時、空き巣や盗難の被害があった時、夫婦間で浮気や不倫などのトラブルがあった時、別れた交際相手とのトラブルがあった時などにご依頼を頂く事が多く、発見例も多くあります。


■ 調査の内容
  対象となる建物の内部や外部を複数の調査機材を使用して、盗聴電波や盗撮映像の電波等不審な周波数の電波を調査します。不審な電波を感知した時は、電波の発信源を特定し、ご要望に応じて盗聴機器や盗撮機器を無料で除去致します。 但し、手作業及び簡単な工具を用いて除去出来る範囲とします。作業が法律に触れる場合や特別な工事を要する場合には、ご依頼人様の方で対処して頂く事になります。

 

盗聴器・盗撮器発見調査


  当社が使用している探査機器の一部。


■ 調査の費用
○個人住宅
・2LDKまで35,000円(税別)
・3DK~5DK程度まで40,000円(税別)

○会社・事業所・店舗等50,000円(税別)~

※沖縄市以北の地域につきましては、当社から調査実施地までの往復交通費が別途、必要になる場合もございます。また、深夜・早朝の調査をご希望される場合には30%の割り増し費用となります。
上記以外の建物や複数の建物の調査は、現地確認後、正確なお見積もり金額を提示させて頂きます。
 自宅と事務所、自宅と車両などを組み合わせた調査をご利用頂く事も可能です。複数の箇所を調査する場合や後日も再調査を行う場合には、割引料金の適用が可能です。
まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

初めてご利用の方へ

ご相談の流れ

ご相談は日本調査業協会加盟店へ

広告掲載履歴のご紹介

事例紹介

コラム

用語集


このページの先頭へ