沖縄県公安委員会第97070001号
(一社)日本調査業協会加盟員 第1491号

長命草

2009.11.25/

「1株食べると1日長生きする」と言われ、沖縄では昔から食べられている「長命草」(和名ボタンボウフウ)。

古くより喘息、肝臓病、高血圧、動脈硬化などに効くと言われていたそうですが、栄養学的にも体の酸化を防ぐ成分カロチン、ビタミンC・Eや食物繊維、ポリフェノールなどを含んでいる事が確認されているそうです。

沖縄県与那国島では海岸などに多く自生している長命草を使って、島おこしをする動きがあります。長命草がドリンクやサプリメントとして発売されるようになり、大手の化粧品会社と契約して、長命草を栽培している農家もあるそうです。

長命草そばやお茶などの加工食品も開発されているそうですから、これからさらに色々な可能性のある野菜ですね。

 

 

関連記事

初めてご利用の方へ

ご相談の流れ

ご相談は日本調査業協会加盟店へ

広告掲載履歴のご紹介

事例紹介

コラム

用語集


このページの先頭へ